業務改善後のインタビュー


業務改善を行ってからの【夜勤とオムツ交換】についてのインタビューです。

夜勤とオムツ交換 業務改善後のインタビュー

佐藤 育永 介護課主任(入社17年目)

Q.介護士を目指すことになったきっかけを教えて下さい。

介護の仕事にそこまで興味はなかったが単純にお年寄りが好きだった。
母親か誰かに向いてると言われたような気がする。じゃあ、そっち方面行ってみようかなという感じだったと思う。

今は、介護士になって良かったと思う。純粋に介護が楽しい。

Q.体制が変わり3人夜勤が開始となり、全体の業務を見直した結果、業務改善を行う前と現在ではどのように変わりましたか?

エアマットが導入されてから夜勤に入る回数が減ったが、2人でオムツ交換や体位交換がきちんとできるので身体的にも凄い楽になったと感じてます。

又、看取りの方がいる中でも他者の介助を行っていてもコール対応できるので安心ですね。 座っていられる時間が増え、別な仕事ができるようになったり余裕を持って動けるようになったし、見回りをして戻ってきてコール対応できるのでイライラしなくなったかな。

2人夜勤していた頃と比べたら羨ましいし、昔は大変だったのに今の方が負担が少なく手当も上がってずるいと思う!

Q.入社した頃のオムツ交換について教えて下さい。

昔は、10回以上交換していたり業務のほとんどがオムツ交換で2~3時間に1回位のペースで交換していたから、今の回数は奇跡だと思う。当て方よりも交換すればいいと思っていたし漏れないようにオムツカバーの中に何枚も重ねて当てておけばいいと思っていた。

Q.テーナのオムツを使用するようになり、変わった事ってどんなことですか?

テーナに切り替わってからは、オムツ交換が楽しくなった。オムツの仕組みや排泄のメカニズムなどを教えて頂いた上でオムツを使用することができた。テーナを導入前はオムツの種類が多く、オムツ設定が大変だったが、テーナ導入後は「色んなハプニングもあったけど、オムツ交換が楽しいと思えた。」

ライン活用は凄くいい。ライン活用するようになって、お互いの負担が減った。少しずつ尿量や交換のタイミングが読めるようになって個別ケアにも近づけていけた。

オムツの交換回数が減ってからは、昔は余裕がなかったが今はお年寄りに関われる時間が増えたと思う。入浴後のケアや爪切りもゆっくりできるようになったよね。

Q.長く働き続ける事ができる秘訣を教えて下さい。

続けてこられたのは、介護技術の楽しさと周囲の人たちが居場所を作ってくれたから。
先輩・後輩に恵まれました。本気でやめたいと思った時に留まれたのは、声をかけてもらえたり気にかけてもらえたからだと思う。意地もあったが、負けたくない・逃げたと思われたくなかっただけかな。

Q.これから介護士を目指していく方々に向けてのメッセージをお願いします。

夜勤は「キツイ」というイメージがあるが、身体的な負担も軽くなったし夜勤手当も上がったし、3人いるので負担も1/3! 先輩2人でバックアップします。

私は介護技術が好きで、上手くできた時には「よし」と思う。色々あれこれ駆使して成功した時の喜びや身体の使い方を知るのも楽しい。実践的な勉強会(技術や感染症・アロマなど)は面白い。「なるほど」と思う事など、そういうことを学ばせてくれるのがありがたい。

又、基礎的な知識を踏まえたうえで、その方にあった介助方法を考えていくのが楽しい。なので、思っているよりも楽しい事が沢山あり、魅力のある仕事だと思いますよ。

穂積 結衣 介護士(入社5年目)

Q.介護士を目指すことになったきっかけを教えてください。

保育士になりたかったため、別な学校行こうと思っていたが、祖父が大谷短大の「高齢者のモデル」になっていて、「大谷は良い所だし、先生方も良い人たちだよ」と言われて、オープンキャンパスに何度か行ったり、高校のパレードでしゃくなげ荘に来て利用者と職員の笑顔が印象的で介護士になろうと思った。
祖父からも「介護士になって欲しい」言われていた。

Q.体制が変わり3人夜勤が開始となり、全体の業務内容を見直した結果、業務改善を行う前と現在ではどのように変わりましたか?

夜勤は、暗闇の中でひたすら仕事をしているイメージだった。業務内容(オムツを確認する人や時間など)がわかりやすくなり、後輩に伝えやすくなった。毎時間のオムツ交換や体位交換を行っていた時と比べ、回数も減り時間も押す事が少なくなったし、朝に30分休憩できるようになり負担が減ったと実感している。

2人夜勤の時は、常に動いていたが今は座っている時間も増えた。

Q.入社した頃のオムツ交換について教えてください。

オムツ交換って一般的には汚いって思われている事が多いが、そういう事って別になくて仕事の一部だと思っている。

オムツ交換の回数や人数が多くて、疲れていた。2人介助で行っていても人数が多かったが、2人介助で行っていたからこそ、身体的な負担は少なかった。

友人などの話しを聞くと1人介助で行っていたりしていたから、ここは2人介助で行っていたから良かったし、そういう所がお薦めです。

Q.テーナのオムツを使用するようになって変わったことはどんなことですか?

この時間オムツ見なくてもいいんじゃないかな?と思っていたことが実現できた。以前は業務が押す事が何度もあったが、今は比較的にない。

ライン活用する事で、何回も確認しなくて済むから羞恥心へも配慮できているしお互いにとって負担軽減できているし、読みとか甘かったら悔しいが、成功したら嬉しい。

又、自分だったら何回も見られるのは嫌だしライン活用しないオムツ交換は想像できないです。

Q.オムツの当て方の勉強会を行なっていることについて教えてください。

ギャザーが出ていなかったり、オムツがズレていて失敗した事があるから当て方を気にするようになったし、復習ができる機会があるのは良い。

アドバイザーがいなくても、自分たちができているから後輩に伝えたりすることができ、信頼して任せてもらえていることが嬉しい。

Q.これから介護士を目指す方々に向けてのメッセージをお願します。

業務負担を減らして身体的にも楽になったので、体力に自信がない人でもできる内容だと思う。業務改善もしたし、お互いに負担の少ない介助ができているし、心強い先輩がいるので夜勤が全然苦じゃありません!

利用者の方が名前で呼んでくれたり、信頼されていると感じる事ができたり、後輩の成長を見ていると嬉しいです。ぜひ、しゃくなげ荘へ来て下さい。