介護職員

介護士塚本 麻衣子

  • 平成23年4月1日入社
  • 帯広大谷短期大学卒業

多くの人たちに介護の魅力を伝えたい

入社して丸7年が経ち、今年で8年目になりました。

長いようで短く、あっという間でした。辛いと思う事ももちろんありますが、一緒に働いている先輩や後輩たちのおかげで毎日楽しく働くことができています。

業務も、美浴やエアマットの導入があり身体的負担の軽減につながったことで、今では身体的にとても楽になりました。利用者の方と関わる時間も増え、気持ちにも余裕を持ちながら仕事が出来ています。職員の働きやすい環境を考えてくれる職場だと思います。辛いと思われがちな介護を少しでも多くの人にこの場を通して、辛い事ばかりではないという事が伝わればいいなぁと思います。


介護士住友 由美子

  • 平成24年4月1日入社
  • 帯広コア専門学校卒業

家族に寄り添える介護士

私はしゃくなげ荘に入社して今年で7年目になります。
入社した当時から自分に自信がなく、わからないことや上手くいかない日だった…とへこむことがありました。
大変だと思う事もありますが、その分やりがいを感じる場面も多くあります。

入社して1年目、まだまだ新人で周りの方に迷惑にならないよう緊張しながら仕事をしていた頃、あるご家族から「いつもばあちゃんの為に頑張ってくれてどうもありがとう」感謝の言葉をかけて頂き、こんな私でも誰かの役に立っていると思いとても嬉しかったのを覚えています。
その言葉かけをきっかけに、自分に自信がつくようになり、前向きに仕事ができるようになりました。

利用者さんの生活を支えるのはもちろんですが、家族の方との関わりを大切にし、気持ちに寄り添える介護士を目指しています。


介護士渡辺 紗里奈

  • 平成27年4月1日入社
  • 鹿追高等学校卒業

利用者との関わりから、沢山の笑顔やありがとうが生まれる

入社して4年目になりました。
私は、昔から高齢者と接する事が好きで利用者様の笑顔と生活を支えるお手伝いができたらいいなと思い入社しました。

毎日、利用者者様と接する中で、「ありがとう」と言われる場面が多々あります。
「ありがとう」とお礼を言われたり、笑顔が見られると自分も少しでも役に立てたのかな。やっぱり、この仕事をしていて良かったなと思います。

もちろん、利用者様とだけではなく、先輩方にも沢山助けられたり、一緒に楽しんだり充実した毎日の中で仕事しています。
又、楽しい事ばかりではなく時には悲しいお別れの場面に立ち会う事もあり、その時には満足したケアを提供できたのか戸惑う事もありますが、今まで以上に少しでも充実し楽しく生活を送って頂けるように頑張ろうと力強く思い、仕事の励みにもなります。

これからも利用者様1人1人と接する時間や笑顔を大切にし、その方に合ったケアができる様に頑張っていきたいです。


看護職員

准看護師平田 道子

  • 平成8年1月1日入社
  • 帯広医師会看護高等技術学校卒業

利用者様の人生に寄り添って

平成8年1月1日に辞令を受け、平成30年3月31日で定年を迎えました。
勤め始めて数年は、辞めることばかりを考えていました。

何が変わったのか?
日々、利用者様に関わり最期を看取らせて頂く中で、しゃくなげ荘の基本理念が腑に落ちたのです。
介護の仕事を通じて、家族の在り方・人間関係の作り方・仕事のあり方について考える機会を与えて頂けます。

是非、何でも話し合える仲間を作り、相手の立場で想像力を膨らませる事を心がけて働き続けて欲しいと思います。