国内初!介護記録システムとナースコールの連動

しゃくなげ荘では、平成25年に介護記録システム「ちょうじゅ」((株)富士データシステム様)を導入後、平成26年5月から国内で初めてナースコール「Yuiコール」((株)平和テクノシステム様)と連動した介護記録システムを本格稼働させました。

今回は、その経緯や、導入後職員にインタビューを行ってシステムの感想や意見を聞いてみました。

富士データシステム様との出会い

約2年前、介護記録について思案中、そしてしゃくなげ荘も改修計画の真っ只中でした。
そこで、介護記録システムの会社として【富士データシステム】様を紹介されました。
「介護記録システム“ちょうじゅ”とナースコールは連動できないのかな?」と要望を施設長が言ったことがきっかけで、富士データシステム様が「今構想中です!やってみます!」からはじまりました。


導入経緯

それから、介護記録システム導入に向けて全職員対象で勉強会や、ipod・ipadの操作講習を3日間行いました。

平成25年5月に介護記録システム【ちょうじゅ】((株)富士データシステム様)を導入いたしました。
ナースコール【Yuiコール】((株)平和テクノシステム様)との連動は平成26年5月から本格稼働いたしました(改修にあわせて)


職員インタビュー

Q. iPad を使用してみての感想を教えてください

操作に慣れたら業務の時間短縮になりました!

初めて操作した時は、私にできるのかとても不安でした。 慣れるまでは、入力も時間がかかってしまいました。
今では、思ったより不安もなく要領も覚えそれほど入力にも時間がかからなくなり、慣れるととても楽になりました!

また、実習先の施設では記録が手書きの為か夜勤中や日中でも書くことに追われていたり、ファイルや書類等を持ち運びも重そうで大変そうでした。

それに比べて、富士データシステム様の介護記録システムは、操作に慣れてしまえば簡単で、時間や業務短縮にもなり良かったと思います!


Q. 導入前と比べて、現在の介護記録システムを使用してみてよかった点等、感想はありますか?

利用者様の状況をすばやく把握できて便利です!

食事や排泄の状況が、個人記録で見られるので便利です。
受診や処置も経過を見られるし、すべてが1か所で情報を得られるのは非常に便利!!
連休後の休み明けに出勤した際は、利用者様の状況をすばやく把握できます!


Q. iPodやナースコールとの連動を使用してみての感想を教えてください

複数のコールが鳴っても適切な対応が可能になりました

操作方法は、覚えるまで大変でしたが慣れるととってもかんたんです!
普段も、スマートフォンを使用しているので楽しんで覚えることができました。

コールと連動しているため、今どの部屋で鳴っているのかどこにいてもわかるのが便利です!
複数コールがなっている場合、優先順位も決めて対応できるので夜間等職員の人数が少ない時などにも役立っています。

また、iPod同士で通話も可能なので、入浴介助時、浴室から出ずに医務の職員に情報を伝え呼ぶこともでき、今までのように医務の職員を探す時間の短縮にもつながっています。

また、「すぐに他の職員を呼びたい!」「助けてほしい!」という時にも使えます!

そして、以前は机一面に紙の記録を並べ記入や確認をしていましたが、今は、iPod 1台で食事・排泄などすぐに記録を打ち込めて、すぐに見たい記録を閲覧・確認できるのがとっても便利!
時間短縮にも繋がっています!


Q. 導入前と比べて、現在の介護記録システムを使用していかがですか?

コールが鳴っている場所が確認でき、すぐに対応出来て助かります

以前は、1台のPCでしか打ち込みができなかったため、PCがある介護士室まで行って記録を入力していましたが、iPodだと持ち運びができ、ほんのわずかな時間でも打ち込めてとても便利です!

コールと連動しているので、以前は施設内にコール音が鳴り響いていましたが、今は端末のみコール音がするので施設内が静かです!!

以前は、どこの居室でコールが鳴っているのか死角になっているところがあり、対応に遅れることもありましたが、iPodでのコールシステムは各居室・トイレの番号が表示されるので手元で止められ、利用者様にすぐ対応出来るのでとても助かりますしすごくいい機能(システム)です!
また、「コールの履歴」や「記録」・「申し送り」が一目でわかり、個人記録がとても見やすくなりました!
夜勤中にパートナーを呼ぶときは、施設内を歩いて探していましたが、いまでは、通話機能を使いパートナーを呼ぶことができ利用者様の傍を離れることがないので安心して夜勤ができます!

富士データシステム様 インタビュー

富士データシステム インタビュー

導入後1年がたち、介護記録システムとナースコールの連動、PC・iPod・iPad操作を使いこなせるまでになりました!
そこで、今回富士データシステム様とインタビューを行い、お互いのホームページに記載しよう!と北海道は鹿追町まで来てくださいました。

取材風景

緊張・・・しています。


コールが鳴っているところを撮影中

今回の導入にあたって施設長に取材しているところを録画中


取材終了後

今回しゃくなげ荘の介護記録システム・ナースコールとの連動を担当して下さった富士データシステムの方たちです!わからない事やシステムについてなんでも親切に迅速に対応してくださる頼もしい方たちです!!

今現在、富士データシステム様で取り組んでいることは、独り暮らしのお年寄りや過疎地域向けに「ちょうじゅ」等を導入・連携し、独り暮らしでも安心して過ごせる地域にしよう!や介護ロボットを思案中だとか・・・これからますますご活躍されるのでしょうね!!


施設長・副施設長と一緒に


左から
岩崎様(しゃくなげ荘担当してくださいました!)
長谷川様、高田様(北海道営業担当者)


株式会社富士データシステム(FUJI DATA SYSTEM)
〒422-8067
静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡15F
TEL.054-202-0300
FAX.054-202-0277
http://www.flds.co.jp

関連情報

平和テクノシステム

〒420-0839 静岡県静岡市鷹匠3-1-20 サンパレス鷹匠201号
TEL.054-254-1820
FAX.054-254-1725
http://heiwa-net.ne.jp

小規模からの多機能ナースコール「Yuiコール」カタログ(3,466KB)